女性でも住宅ローンは借りられる?

女性でも住宅ローンの審査に通る?

女性の住宅ローンは家を購入するときにほとんどの人がお世話になるもの。

申し込み法は手軽にでき近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですし足を運べない!という場合は金利が低かったり審査が通りやすいと評判のネットバンクなども良いでしょう。

さらに、不動産屋さんが紹介してくれる銀行等に任せる方法を取ることも出来るので、自分が良いと思う方法で資金調達ができます。

申請後は審査があり、支払が始まった場合10年に渡って住宅ローン減税を受けられます。

こちらは年末調整では受付できませんので自分で行う確定申告で申告せねばなりませんよ。

これから女性専用の住宅ローンを借りたいという方は、ローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。

今までの口コミでもおよそ1割程度かかっているようです。

住宅ローン審査が厳しいとか金利だけ比較すると安いと感じる銀行もありますが、実は事務手数料や保証料といった細かな金額を合わせてみたら、逆に高くなってしまったということも。

それで手数料も合わせた総返済額がいくらになるのか、これらを総合的にシュミレーションしてみる必要があります。

そう、例えば保証料や様々な手数料が無料の銀行では想像していなかったところでお金かかってしまうことがあるみたいですよ!マイホームが欲しい!と思ったとき資金関係で役立つのは女性専用の住宅ローンです。

銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますが家を購入する際は不動産屋を通す方がほどんどだと思いますので不動産屋と提携しているとか、審査が厳しいという口コミの良い金融機関に申請しても良いでしょう。

返済に関しては人によって違ってきますが最長で35年の借入が可能です。

だけども、申請者の年齢によってこの期間を選べない可能性もあります。

世間的に、40歳以上になってからの申し込みは通りにいとか厳しいとかになってしまう事が多いようです。

一生の中でも一番大きな買い物とも言える、真剣に選びたい住宅ローンをどのように選択しましたか。

これからローンを組もうと色々探しているという方も、女性でも住宅ローン審査が厳しい銀行での口コミが他の情報よりも分りやすく参考になる事があります。

参考:住宅ローンは女性でも借りられる?審査Q&A!【女性専用もある?】

ランキングで今、一番上位を飾るのが新生銀行なのです。

何よりも金利が安いというのが人気の秘訣だと言えます。

保険料や事務手数料などの保証料が圧倒的に安く、月末までに申込みをされた方には嬉しいサービスもあります。

とは言っても良い評判だけでないのが事実でもあります。

実際に電話やメールなどで問い合わせをしたり店舗に足を運んだりしてしっかり納得して申込するといいですね。

将来、自分の家を新しく建てる予定がある方、返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのか細かい数字まで出したい方はシミュレーションしてみましょう。

特別収入が入った時にそれを利用するのかどうか、借入れする金額から希望する内容を細かく設定できるので、必要となってくるローン金額が分るので計画を立てやすいです。

最近ではどこの会社も無料で試せるものが多く、比較してみると更に判断しやすくなるでしょう。

とは言っても、これはあくまでも目安として考えましょう。

信用金庫や農協、女性でも審査に通りやすい銀行などでは、無料で相談できるところもあるので足を運んでみるのもいいですね。

女性専用の住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。

女性の住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても厳重に行われます。

審査通ったかどうかの合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

たとえ審査が厳しいと評判の銀行でも万一審査に落ちたら住宅ローンは組めません。

審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

そして気になるのが『諸費用』!こちらは借りる額によって人それぞれなんですよね。

でも事前に銀行側から支持があるので心配いりません。

たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。

住宅ローンを長年組んでいると、多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。

その様な時は是非、繰り上げ返済を検討するのも良いでしょう。

繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。

繰り上げ返済をすることによって、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を根本的に減らす事ができます。

借入額が減れば、月々の返済額も減る。

という事になります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

 

女性専用の住宅ローンの審査は甘い?

審査が厳しいとかだけを見ずに条件も確認しましょう!近年、様々な特典のある住宅ローンが紹介されており今注目されている銀行がどのような住宅ローンを提供しているのか分らず、低金利の銀行や女性専用の住宅ローン審査が厳しい銀行など色々あり、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

どうしても決められないという方は銀行の担当者の意見を聞いて、借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、わざわざ有料で相談したくないという方が多いです。

中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

実際に利用している方の口コミなども参考に調べておきましょう。

近い将来、自分の家を建てたいと思っている方はローンの他に火災保険にも入らなければなりません。

審査が厳しい銀行などの女性専用の住宅ローンで借入れしたお金を毎月払っていかなければならないのに、なぜまた保険料も求められるのかと思う方もいるでしょう。

けれども、災害や家事などで家を失ってしまった場合にもしも保険に未加入ですとローンは消えることなく住む家がないのにローンを払い続けなければなりません。

何かあっても問題を解決できるように、申込みをしておけばあなただけでなく、ローンを提供した側も助かるのです。

まずはこのような必要性がある事を把握しておきましょう。

住宅購入の際に絶対に必要になるのが住宅ローンです。

住宅ローンの申し込みは、銀行等で受け付けています。

申請する際には、銀行側から提示される様々な資料を用意することになります!35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。

ですから、女性専用の住宅ローンは審査に通りやすいので申し込めば必ず通る。

といった様な簡単なものではありません。

審査に通ると思ってたのに通らなかったという場合もあり得ます。

いいですか?よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上が一つの審査の基準となるラインと言われています。

将来、家を建てる予定のある方も既にローンの申請が終わった方も是非、オーバーローンにならないようにしましょう。

住宅ローン審査が厳しい場合にも気をつけてください。

どのような理由があるとしても家を購入するためのものなので、他の目的で使用してしまうと法律違反で逮捕されてしまいます。

なので、どれ位の物件で費用はいくら必要なのか?これを明確にしてから申請する必要があります。

もしも、法律違法な契約が見つかった時にはこれを紹介した不動産会社も同じ罪に問われます。

メリットだけでなくデメリットにも視点をあてながら、今後、後悔のないよう自分で考慮していかなければなりません!今後、マイホームの購入などで女性専用の住宅ローン審査が厳しい銀行にて借り入れを検討している方は支払い方法としてボーナス払いを選択する前に、これからのことも考えてみて下さいね。

思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、一ヶ月あたりに返済すべき金額が減るので負担が軽くなります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。

女性専用の住宅ローン審査が通りやすい銀行の審査に通りめでたくローンを借りれたとしても、返している途中にもし、失業するような事があればその後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。

トラブルが起こってもしっかりと対処できるように備えましょう。

大切なのは焦らずに今の自分の状況を知ることです。

私に問題はなく会社側の理由で辞めることになったのか、内容により給付金の額が大きく変わってくるためです。

きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。

但し一回でも延滞してしまうと、続けられなくなるので今、自分が何をすべきなのか冷静に考えて行動しましょう。

自分の家を購入するとき資金繰りとして利用するのが住宅ローンです。

銀行や信用金庫あるいは女性専用の審査に通りやすいし手続きも簡単なネットバンクでも受付可能です。

とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。

大事な点はその人の職業、年収、勤続年数が重要視されます。

加えて、関係ないと思われがちな金銭トラブルも審査基準の判断になりますので「ヤバいかも?」と、万が一思い当たる人はそちらをまずきちんと整理し申し込みをした方が審査が通る確立が高いかもしれないですね。

女性でも審査に通りやすい銀行は沢山ありますが、はどこの会社で選ぶかということも迷うところですが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数という事実をご存知ですか?何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すれば気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。

しかし、変動は毎月の返済金額が異なるために返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。

それでも、今は低金利といわれる時代のせいでしょうか調査によると40%の方が利用しているのだとか。

こうしたデータも参考にしながら、金利傾向を把握して将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。

 

(C) 2011 どっちがいい?住宅ローン変動金利と固定金利