どっちがいい?住宅ローン変動金利と固定金利

銀行ローンの審査基準

 銀行ローンの審査基準はカードローンかその他のローンそして住宅ローンなどで審査基準は異なります。 銀行ローンの審査基準としましては、基本的に、年齢、年収、職業、現在の借り入れ状況があげられます。 この基本的な内容によってローンを組めるかどうかの瀬戸際になるのです。 まずカードローンの審査基準の場合ですが、カードローンは保証人や担保を必要とする事があまり多くありません。

 その代わり消費者金融の審査基準に比べると少々審査が厳しい傾向があります。その為条件は満たしていても実際にローンを組めないという事もあります。 どこの金融機関でもそうですが、安定で継続した収入で勤続年数も長い方が審査に通り安いと言えます。アルバイトやパートなどのフリーターは審査に通る事が難しい為、銀行ローンを組む際は厳しいと言えます。 そして住宅ローンの審査基準としては、団体信用生命保険の加入や、現在の職場での3年以上の勤続年数、それから保証会社からの保証の適用などの複数の条件をすべて満たしている必要があります。

 住宅ローンは借入額が多額で大きいですので保証料や手数料などの諸費用の額も大きくなります。 その為住宅ローンを組む際には、ローン審査が通り、実際に借り入れをするにあたって別に100万円前後の諸費用を準備する必要があります。 しかし、金融機関によっても諸費用は異なりますので、確認をする必要があります。

(C) 2011 どっちがいい?住宅ローン変動金利と固定金利