どっちがいい?住宅ローン変動金利と固定金利

保証人の保証期間

 保証人や連帯保証にとは、債務者が債権者に借金などの返済が何らかの事情により返済が出来なくなった場合、債務者に代わり返済を余儀なくされるか、または保証に、連帯保証人の保有する財産を差し押さえられる人的担保の事を指します。 保証人と連帯保証人の違いにつきましては、保証人には債権者に返済請求を迫られた際に元の債務者に返済をして欲しいまたは元の債務者の財産を差し押さえて返済に充てて欲しいと異議申し立てが出来る権利をもっています。

 連帯保証人は債権者に返済請求を迫られた場合、異議申し立てをする事が出来ず、有無も言わさず返済請求をされ返済を余儀なくされます。または連帯保証人の物的担保と変わるものを差し押さえられる事もあります。 その為保証人より、連帯保証にの方が、リスクは高いといえます。そして、債務に関する保証人の保証期間はその債務が完済するまでか、もしくは時効になり債務が消滅したときまでの保証となっています。

 債務が消滅することはなかなかありませんので、債務を完済するまでが保証人として責任、自覚を持たなければいけません。また最近の金融機関で融資を受ける場合保証人ではなく、 連帯保証人を必要とする場合が多いですので、もし友達や親類に連帯保証人になってほしいと言われた場合はよく検討してから受けた方が賢明です。

(C) 2011 どっちがいい?住宅ローン変動金利と固定金利