どっちがいい?住宅ローン変動金利と固定金利

金利水準を示す方法

 現在の日本の金利水準は歴史的に見てもかなり低金利状態です。 たとえば住宅を購入する際、一括で購入出来る資金を持っている方であればいいですが、大体の方は住宅ローンを組んで住宅を購入する人がほとんどであると思います。

 最近の日本の金利水準は低金利状態ですから住宅ローンなど大きなローンを組む人にとってみれば嬉しい事ではありますが、現在が超低金利状態であると言う事は将来的に金利が上昇することが見込まれます。 その為変動金利でローンを申請する場合現在の金利よりも高い金利で返済をしなければいけない事も考えられます。 現時点での金利はかなりの低金利と言えますが、今後日本の経済が安定してくる事を願うと、金利の上昇は免れません。 しかし、確実に金利が上昇するとも一概には言えませんので、難しい所でもあります。そもそも歴史的、世界的に不況となる発端となったリーマンショック以降日本の金利は下落傾向にあります。 今後アメリカの経済も安定してくれば日本の経済も安定してくるのではないかとも言われていますが、それも一概には言えません。

 最後に金利水準を示す方法には、日歩表示、アドオン表示、利息天引きなど、さまざまな方法があります。 そして私達の住む日本の法律では実質年利率を用いて金利水準を示す事が義務づけられています。

金利が低い住宅ローンは?

ソニー銀行住宅ローン審査窓口!基準厳しい?【今後の金利推移は?】
ソニー銀行住宅ローンは低金利で借り入れ条件やサービス内容も他の金融機関に比べて良いみたいですね!
審査に通るためには…
www.mtgasia.info/

(C) 2011 どっちがいい?住宅ローン変動金利と固定金利