どっちがいい?住宅ローン変動金利と固定金利

多重債務の解決法

 複数の金融機関から借金をしていたり、借金返済の為にまたローンを組んだり、この世の中不景気だからこそ多重債務に追われている人も少なくありません。 そして多重債務の解決法がなく苦しんでいる人も沢山いる事と思います。しかし、多重債務の解決法としては債務整理する事がおススメです。

 債務整理と聞きますと、自己破産をしなければいけない。と思われがちですが、債務整理には自己破産の他に、任意整理、特定調停、個人再生手続きというものがあります。 債務整理は多重債務者の生活を再度立て直すための救済手続きなのです。その為利用することが懸命と言えます。 そして一日でも早い債務整理が一日でも早い生活再建になりますので、多重債務で悩んでいる方はすぐにでも債務整理を行う事をお勧めします。

 特定調停は裁判所に申し立てをして調停で返済額や返済方法を決めなおす事が出来ます。 そして利息の払い過ぎの場合に多く払いすぎた利息が返ってき、返済に充てる事もできますので、借金残額を減らす事が出来る可能性もあります。 そして任意調停では弁護士や司法書士に依頼をし、債権者と話しあってもらい返済方法や返済額を決めなおすので特定調停どうよう多く支払った利息分が返ってきます。 個人再生手続きは申し立て手続きが難しく条件も必要になるため弁護士や司法書士に相談することになります。このように債務整理と言っても色々あるのです。

(C) 2011 どっちがいい?住宅ローン変動金利と固定金利